ヒロインマインド

一瞬を一生懸命に生きる

桜の木

浄土真宗を開かれた「親鸞」は9歳の時に父母を亡くし、出家します。

その幼名を「松若丸」と言うそうです。

9歳の親鸞が残した一句があります。

「明日ありと 思う心の あだ桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは」

意味は今を盛りと咲く桜も、一夜の嵐で散ってしまう。
人の命は桜の花よりも儚きものだ。

人の命はとても尊いです。
そして儚く、弱いものです。

だからこそ人はつながりがなければ生きてないし、孤独に耐えられないのです。

今日、この時、一刻一刻、その瞬間に生きていることって奇跡なんです。

何気ないことで笑ったり、時に悔しかったり、悲しかったり・・・
その一つ一つが全て尊い、何事に変えられない経験です。

お金なんかで変えられないものです。

輝くヒロインマインドの一番の方法は

全てのことに感謝すること。

全てを大切にすることです。

それが一番人を輝かせるのです。