ヒロインマインド

意味不明な「手が届きそうで届かない距離」?

個性を表す虹色の薔薇

この世の中にある
「恋愛メソッド」は

自分を生きること

自分らしさを表現すること

自由に生きること

ありのままの自分でいること

これらの「魂で生きる」ということを阻害する邪魔モノです。

「手が届きそうで届かない距離がちょうどいい」

よく恋愛メソッドでこんな言葉を聞いたことはありませんか?

当たらずとも遠からずなのですが,そのメソッドに傾倒しすぎるのはとても危険です。

そしてわたくしは「高嶺の花」でいることが一番女性が幸せになれると申し上げました。

ですが,届きそうで届かない距離は,高嶺の花ではありません。

世の女性ほとんどが「高嶺の花」でいれば,経済は上向くし,戦争はなくなるし,貧困もなくなる仕組みになっています。

理由と詳細は省きます。

あなた様が「どんな方を愛したいか」「どんな方に愛されたいか」でそもそも女性自身の在り方が変わってきます。

「手が届きそうで届かない距離」これを実践したいのならば,あなた様の理想の方,求める方は

良くも悪くも普通の男性ですね。そしてどちらかというと万人に好かれたい願望をお持ちなのかもしれませんね。

それがあなた様の幸せならいいと思います!

「高嶺の花」これを実践したい方の理想の男性は

デキる愛情深い殿方様

ですね。

万人に好かれる必要はないとわたくしは思うのです。

「普通」の男性に選ばれなくても,何を言われようとも,たった一人・・・自分が愛しそして愛されるデキる殿方様が傍にいてくれさえすれば,それがあなた様にとっての幸せなら,ぜひ「高嶺の花」を目指し,努力をしてみてくださいね!